社会貢献活動

東日本大震災に伴う社会貢献活動・復興支援について

東日本大震災後に「日本復興のためにアトラスとしてできること」をスタッフで話し合いました。その中で「実際に現場に行く」、「継続的に支援ができるようにする」という2つの点を大事にするという結論になり、以下のような支援の仕組みを立ち上げました。

経済支援活動

震災により学ぶことを断念する子供たちがたくさんいるという事実に目を向け、被災した子供たちの教育をサポートする「桃・柿育英会( http://www.momokaki.org/ )」に対して、売上の一部を継続的に寄付しております。「桃・柿育英会」とは、1995年、建築家・安藤忠雄氏が発起人となり、阪神・淡路大震災の発生時に創設された育英会です。2011年にはその趣旨を引き継ぎ、安藤忠雄氏ら8名が発起人となり「桃・柿育英会 東日本大震災遺児育英資金」が再び設立されました。継続的な支援を行うことを目的とし、現在も被災地の遺児・孤児に支援を続けています。
アトラスが大事にしたい「継続性」という部分で共感しております。

内容

アトラスのサービスの利用に応じた寄付を実施しております。

  • PASREG・Confit Sub・Confit Reg:10円/1投稿
  • Confit ALL・Confit Pub:1,000円/1大会
  • Editorial Manager:10円/1投稿
  • SMOOSY:1,000円/1学会

活動報告

2018年度:460,230円を桃・柿育英会に寄付しました。
2012年度から2018年度までの合計寄付金額:2,659,640円
このような取組みは、私達スタッフの大きなモチベーションのひとつにもなっています。

ボランティア派遣

ボランティア活動支援制度を設け、金銭面の補助や参加日を特別休暇扱いにするなど、ボランティアへの参加を奨励しています。

内容

  • ボランティアツアー参加費補助
  • ボランティア参加日が平日の場合、特別休暇扱いとする
  • 社員およびその家族までを対象とする
  • ツアーの参加者はボランティア活動での体験談や被災地の近況を伝える報告会を実施し、皆で共有する

アトラスは、中学生・高校生のための学会
「サイエンスキャッスル」を応援します

社会貢献活動の一つとして、株式会社リバネス様が企画・運営する「教育応援プロジェクト」に参加し、「サイエンスキャッスル」にアトラスのサービスを提供するという形でサポートしています。

サポート内容

アトラスの演題登録およびWeb抄録サービスである『Confit』を提供 。
未来を担う中高生の研究活動を、私達のサービスを通じてサポートできることに大きな喜びを感じております。

教育応援プロジェクトとは

産業界と教育界が連携し新たな科学教育活動を創出することを目的としたプロジェクトです。
教育応援プロジェクトホームページ

サイエンスキャッスルとは

若き研究者である中高生のための学会で、課題研究における成果発表や経過報告、また実験体験、施設見学に取り組んだ後の活動などが口頭およびポスターで発表されます。
サイエンスキャッスルホームページ

サイエンスキャッスルのConfitページ

サイエンスキャッスル2018
Confit Web抄録ページ

過去分開催(2014-18)
Confit Web抄録ページ

開催当日の中高生のみなさんの真剣な眼差しが非常に印象的でした。
引き続きサイエンスキャッスルをサポートさせていただきます。