ORCID関連サービス

アトラスがORCID Premium Memberである理由

ORCIDについてはこちら

アトラスのビジョンとミッションにあるように、私たちが目指すのは、ITを通じて学術コミュニケーションや学術研究の発展に寄与することです。
私たちは、ORCIDが重要なインフラであると認識し、ORCID連携による各種サービスの融合を果たすことで、ビジョンの一つである学術情報流通の発展に貢献できると考え、2013年からORCID Premium Memberとなり、ORCIDの活動を支援しています。

具体的には、ORCIDレコードへの書き込みツールの開発、ブログでの情報発信、ORCIDカンファレンスでの発表等を通じ、学協会、研究機関、大学、研究者の皆様の利便性を高める活動をおこなっております。


Society to ORCIDについて

Society to ORCIDはORCID機関メンバー向けに開発した、ORCIDレコードへのメンバーAPI連携サービスです。本家ORCIDのサイトでも紹介されています。
弊社、開発者ブログでも取り上げていますので、ご覧ください。

何ができるサービスか?

Society to ORCIDは貴機関および、貴機関に所属されている研究者の双方に価値を提供します。

所属研究者にとってのs2id → 身元保証
自身のORCIDレコードに “保証付き” の所属機関名が書き込まれる

導入機関にとってのs2id → 業績収集
所属する研究者の業績を取得できる

①身元保証(情報の書き込み)

  • 研究者のORCIDレコードに情報を書き込みます。
  • 以下のAの例のように、書き込まれた情報のソースは機関名になります。本人が書き込むとBの例のようにソースが本人になってしまいます。
  • 情報ソースを機関名で書き込むことができるのはORCID機関メンバーのみです。

書き込む情報の活用例
身元保証 … A先生は本大学に所属している
業績証明① … A先生は当学会の優秀発表賞を受賞した
業績証明② … A先生は本大学が出版元の紀要論文を発表した
助成金証明 … A先生は当ファンドの助成金に採択された


②業績収集

  • 貴機関の研究者のORCID上の業績等をダウンロードできます。
    • ORCIDに登録されているデータ
    • 業績、助成金獲得実績等
    • ORCIDのDBから取得した正確なORCID ID
    • アクセストークン
    • 許可状態(許可、不許可、反応無し)


書き込むまでの流れ

こちらの図はSociety to ORCIDを用いて情報を書き込むまでの流れを示しています。
システム開発や大きな準備なしで開始できるため、ORCIDメンバー機関になって「はじめの一歩」として活用いただけます。