備家 祥永 Shoei Bika
ジャーナル・ビジネスソリューション部
セールス・マーケティング
2013年入社/中途

日本中の学協会にアトラスの「ファン」になってもらいたい。

アトラスに入社したきっかけは何ですか?

大学卒業後、新卒で学習塾運営会社に就職し講師兼営業をしていました。親御さんへの提案営業と並行して小学生~高校生までの授業もしていました。ITとは縁遠く、生徒への説明もプリントの裏紙とペンを使っていましたね(笑)。
その後アトラスに入社したのですが、決め手は、ありきたりですが「人を大事にする会社だな」と感じてです。
面接の段階で仕事の厳しい面や、会社として今後どういう方向に向かっていきたいのかを率直に伝えてもらえ、自分が向かいたい方向とミスマッチがないかをしっかりと問うてくれたことが大きかったです。

現在の仕事内容を教えてください。

セールス・マーケティング担当として、アトラスのサービスを学会などの学術団体に提案しています。アトラスが掲げる「学術コミュニケーションを一歩先へ」というビジョンを達成するためには、研究者や学会に携わる方々のことを知らないといけません。研究者や学会が抱える課題をヒアリングし、それを社内にフィードバックする、ということが私のメインの仕事です。アトラスのお客様は全国各地にいらっしゃいますので、遠方のお客様とはWeb会議ツールを利用してコミュニケーションを図ることも多いです。しかし直接お話しすることでサービスのヒントとなるような課題をヒアリングできたりすることも多いので、外出や出張の機会もそれなりにあります。出張先で美味しいものを食べるのが至福の時です(笑)。

また、「ブランド委員長」としてアトラスのブランド活動の推進担当もしています。アトラスのファンを増やすために、またアトラスで働く人自身がアトラスのファンでいられることを目指し、活動しています。ブランド活動の一例としては、「ブランドミーティング」といって皆でブランドについて語る機会を設けたり、月に1度「グリーンデー」といってアトラスのコーポレートカラーである萌黄色のグッズを身に着ける日を作ったり…正解はないので試行錯誤しながら取り組んでいます。

アトラスはどんな会社ですか?

難しい…。マジメな人は多いですね。皆が真摯に仕事に対して向き合っている印象です。それがベースにありつつ、自分の特性を生かして自由に働ける会社だなと思います。

プライベートの過ごし方は?

学生のころから深夜ラジオが大好きで良く聴いています。基本は芸人がパーソナリティを務めているのが好きです。ニッポン放送の「オールナイトニッポン」シリーズはオードリー、三四郎の番組を、TBSラジオの「JUNK」シリーズはおぎやはぎ、バナナマンの番組を毎週欠かさず聴いています。最近は講談師の神田松之丞がパーソナリティの「問わず語りの松之丞」という番組もお気に入りです。

今後の目標を教えてください。

いつか、「アトラスファンミーティング」を開催したいなと思います。アトラスのサービスが日本の学協会に浸透し、皆がアトラスの「ファン」になってくれている状態を作れるように、提案活動に邁進していきます!

一日の流れ

7:00 起床
7:30 朝ドラ鑑賞
9:00 出社
9:30 グループ朝礼
10:00 社内業務(見積り作成、案件進捗確認など)
12:00 昼休み
13:00 セールスミーティング
14:00 顧客訪問
16:00 議事メモ作成
17:00 ブランド活動取り組み案検討
18:00 退勤